適当俺コラム&ニュース

個人的に気になったニュース、 オタクや印刷に関する話題について適当に更新。あと日記もな ( ゚Д゚)y-~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【連載】副業で法人を設立する話 3 

副業で法人を設立する話

さて前回は設立にかかる最低限必要なお金について書いた。
今回は「ばれない方法ってどうすんの?」
について書いていきましょう。( ゚д゚)

普通は副業を認める会社なんて存在しない。
社則に書いてなくても基本的にはNGだ。
例外的にあるとしたら同人誌印刷会社の社員が
サークル活動続けててそれを事業者登録して経費削減とか
そういうケースじゃないかしら?

「本来の業務をおろそかにされる」という観点から
普通は認められないものなので、
副業はばれたらアウトなのである。

ならば副業がばれるケースはどういうケースだろうか?
基本的には2つしかない。
「自らばらす」「納税時にばれる」

自分が社内でポロっと言ってしまうのは論外として
本職の取引先にも基本的には言わない方が良いだろう。
もし担当が代わったりした後で
「そういえばあの人、会社作ったんでしょ?その後どうなりました?」
なんて話が出たら後任の人は ハァ!?(゚д゚) である。
考えられる人間すべてに対して死んでも言わない事。
社内恋愛とかと同レベルで考えられるような甘い話ではない( ゚д゚)


後は確定申告でばれるケース。
これはネットで調べたら回避方法が書いてあるのだが
メジャーなやり方はこうだ。
基本的には自分以外を代表にたてる。

確定申告書を提出する際にその書類に
「住民税・事業税に関する事項」というのがあって
「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」の欄で
「自分で納付(普通徴収)」というとこをチェックすると
給与分の住民税は今までどおり給料から天引き、副業分の住民税は自分で直接納税
となってめでたしめでたし、という方法。

ところがだ!この方法ではまだ甘い! m9(゚д゚) …らしい。

経理のベテランな奴に相談したんだが
普通徴収に切り替える時にすべてが切り替わる事があるらしい。
確かに年金問題だって国家機関が管理してるのに
あのチェックミスの体たらくだ。
切り替え処理を行う時に間違えてやられる可能性だってある。


そうなると、どうばれるかと言うと、単純に税務署から
「この人切り替えたのでよろしく」という通知が会社に行く。
すると経理は「え?そんな処理してないぞ?」となる。

それならばいっそ法人格にして社長は無給扱いにしてしまう。
そうすると法人税として税金が入るので国からは何も言われない。
例えば給料を出す場合は扶養家族を取締役にして役員報酬を払い、
通帳を自分で管理してしまう。
ただし103万円を超えると扶養控除額を超えたりするのでその範囲内の報酬にする。

または給料の代わりに株式の配当にしてしまう。
今のご時世、株やFXをやってる連中はいっぱいいるので
「株の配当があるので確定申告したいのですが」と経理に言えば
特に何も言われないはずだ。
心配な場合はさらに代表取締役は名字の違う親戚にしてしまうと良い。

さて自分以外を代表に立てる場合は誰が良いか。
個人的には家族>親戚>友人の順番で立てた方が良いと思う。
名義を貸すというのは色々と難しい。
設立時には実印がいる、委任状を作る等の手間がかかるし
法人を作ると税務調査がある日もあるだろうし、
銀行はじめ取引のなりゆきで色々手を借りる事がある。

以上を頭に入れた上で誰に代表取締役になってもらうかを
決定したら良いと思うよ( ゚д゚)


関連記事
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマリンド

Author:タマリンド
雑学は仕事、合コンに活きる!
メール、拍手コメントをくれる皆様、
ありがとうございます。

since2007/10/13

リンク集はこちら

月別アーカイブ
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。