FC2ブログ

適当俺コラム&ニュース

個人的に気になったニュース、 オタクや印刷に関する話題について適当に更新。あと日記もな ( ゚Д゚)y-~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【連載企画】副業で法人を設立する話 6 

副業で法人を設立する話
副業で法人を設立する話をここまで続けてきたが
実際のとこ想像できただろうか?

実際やってみた感想は法人を作るというのは
簡単だけど面倒くさい、という感じだった。
まあ確かにある程度面倒くさくないと
誰でも作っちゃって信用とか価値の問題が出てくるからね。
株式会社と名乗る=本気でやっている、というのは大きい。

さて、お次は銀行口座の話。

会社を作る場合、外国と違って日本の場合は
先に資本金を口座に振り込む。
その際はまだ法人はできてないので個人の口座になる。
大抵は発起人の口座に資本金を振り込んで、
通帳のコピーを登記申請の時に渡す事になる。

なのでここまでは楽にいけるのだが
問題はそのあとで、法人用の口座を作るのがやっかいなのだ(゚д゚)
特にオフィスをバーチャルオフィスにしちゃった人は
よく読んでほしい。

商売をするにあたって、取引先、客先から入金してもらう時に
入金先が個人名だとあまりに不自然。
是非とも「普通口座 0000000 株式会社○○」
にしたい。
それもできる事なら大手銀行にして
できるだけ振込手数料が高くならないような気づかいをしたい。

ところが法人口座を作るのが大手はえらく大変。
その手の体験談を調べようとネットで検索すると
お断りされた人が結構いた。
理由は振り込み詐欺とか犯罪を警戒して、
「バーチャルオフィス」みたいな不思議な住所の会社は
胡散臭いのでアウトとなったり、
資本金が低すぎて怪しいのでアウトとなる。

銀行によって変わってくるが、法人口座開設の際には
謄本、印鑑証明のほかに、謄本の住所とその所有者との契約書が必要とか
自社物件ならそれに関する書類が必要になってくる。
バーチャルオフィスは基本的には住所を貸すサービスなので
契約上は「ビルの所有者」→「バーチャルオフィス」→「借りてる社長」と
また貸しの形態になる。

なのでバーチャルオフィスの管理人に対策を聞いたら
まずは自宅の住所等で登記をして
その状態で銀行口座を作ってオフィスを借りて
登記をやり直すという方法があるとの事。

筆者はそれを聞いて「そんな面倒な事をするのか」と
「もうオフィスの住所で登記したんですけどwwww」
という事態になった(゚д゚)
副業でやるのに登記を2回するとそれだけで証紙のコストもかかる。
ネットバンクも今は警戒されて他行と取引があるのが条件とかあったりする。
ただ、各銀行によってハードルの高さはまちまちで
どう逆立ちしてもどう頭を下げても絶対無理なとこから
担当者次第でなんとかなっちゃうとこまである。

筆者の場合は断られたら窓口で騒いでやろうと覚悟していた。
「この銀行はベンチャーの口座はつくってくれないんですかぁ?」
「お金を預けるだけなのに駄目ってどういうことなんですかぁ?」
と大声で暴れる予定だったwww
というのも、とある体験談でごねたらいけたという話もあったからだ。

とりあえず大手の中で比較的マシと言われていた銀行へ。
「口座が無いと始まらないので、なにとぞよろしくお願いします」と
スーツ着て頭下げまくってお願いしたらすんなり作れた(゚д゚)
なんか多方面で脅かされて不安になってたんだけど
これに関しては本当に助かった。

登記に関しては面倒だけど書類さえ用意したら作れる。
法人口座は書類作っても通らないから
自分の中では法人口座が作れるかどうか本当に不安だったが
銀行とお願いのしかたによっては通るようだね。


関連記事
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマリンド

Author:タマリンド
雑学は仕事、合コンに活きる!
メール、拍手コメントをくれる皆様、
ありがとうございます。

since2007/10/13

リンク集はこちら

月別アーカイブ
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。