適当俺コラム&ニュース

個人的に気になったニュース、 オタクや印刷に関する話題について適当に更新。あと日記もな ( ゚Д゚)y-~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今年半年間の印刷業界 

アニカラー
さて、独断と偏見で勝手に1~6月を振り返って
オフセット印刷業界の景気状況をお伝えします。
あくまで筆者個人の意見なので参考程度にね。

結論から先に言うと稼働に関しては
1~3月は対前年比で良かったという会社が多数。
4~6月は対前年比で悪かったという会社が多数。

という感じ。

これは一概には言えないんだけども
昨年の教科書、参考書の進行が
ずれ込んだという見方をよく聞いた。
あとは年度末の予算調整としての需要で増えたとか。

ただし、3月にあの忌々しい大震災があり、
その影響でドタキャン、資材パニック、値上げ等があり
かなり苦しい状況を強いられている。
今も毎月のように中堅どころの印刷会社が倒産している。

震災直後は製品確保のために
多めに発注しようという駆け込み需要があったようで、
逆に5月あたりから供給が落ち着いてくると
ピタリと受注がやんだケースも聞かれた。

そして現在、印刷会社にとって頭を悩ます話題はやはり値上げだろう。
インキ、紙が震災後にも立て続けに上がり、
もはや従来の工賃では続けられないとこまで来ている。
さらに今回は今まで値上げすることがあまり聞かれなかった材料も
値上げのアナウンスが出てきている。

以上を踏まえて2011年の後半も
引き続き厳しい状況が続く事が予想できる。
取引している業者もすでに続いている倒産の情報に
非常にナイーブになっており、
救済的な動きも減ってくるだろう。

ではどうやったら打開できるのか?
機械がある、人もある、技術も経験もある、
と言っても「わが社の強み」は
本当に世間一般に見てすごく個性的な突出した「強み」なのか。
というのを見直してみるところから始めようと、
なんかのセミナーで言ってたなあ(゚Д゚)

まあ印刷業界に限らず、すべての会社はそうかも。
長年やってきた事は素晴らしいかも知れないが
逆に塵も積もればの原理で
「慢心」「油断」「慣れ」が積み重なって
社風を変えるとか冒険しようって空気に
なかなかならないかも知れない。

今って電子書籍やPODに手を出そうという風潮があるけども
残念ながら電子書籍に至っては仕組み自体は単純だし
媒体や価格体系、形式等が落ち着いてないので
単に飛びつくだけだったら火傷するかと思う。
何か一工夫、味付けする必要があるんじゃないかなあ。(゚Д゚)


関連記事
[ 2011/07/14 23:33 ] 印刷業界ネタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマリンド

Author:タマリンド
雑学は仕事、合コンに活きる!
メール、拍手コメントをくれる皆様、
ありがとうございます。

since2007/10/13

リンク集はこちら

月別アーカイブ
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。