FC2ブログ

適当俺コラム&ニュース

個人的に気になったニュース、 オタクや印刷に関する話題について適当に更新。あと日記もな ( ゚Д゚)y-~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

同人専門のオフ印刷会社は転換期(後編) 

アニカラー
さて、前編ではこれまでの同人誌印刷会社の傾向と
オンデマンドの技術向上の話をしてきたけども、
オフセット同人誌印刷会社の対策はどうなのだろうか?

というか「オフセット印刷会社」って書き分ける必要を
感じている時点で時代の流れを感じる( ゚д゚)

まず印刷会社の対策の話の前に、
「同人誌即売会のあり方像」を考える必要があると思う。
本来同人誌即売会というのは
「ファンの交流の場」「作品発表の場」であって
スタッフもサークルも一般参加者も
同じ「参加者」として盛り上げるもの、というのが基本。
「お客様」は存在しない。


ところが若い世代はそうはいかない。
まあ上の世代が上手く伝承できていないせいもあるが
そういった伝統が理解できてない子が増えている話はよく聞く。
しかしこれも時代の流れのせいもあるし、
その時代、その時代に合わせて適応しなければならないとも思う。

何が言いたいかって言うと、これ究極な話は
作品が発表できて売上さえ上がれば
書店委託とかDL販売だけでも良いじゃん、という考え方も出てくる。

こんなのまだ凄く違和感のある話だし、そう考えているサークルも少ないと思うが
この短期間でネットのインフラが整い、
実際にDL販売が伸びてきた以上、数年先を見据えて
「同人誌の電子書籍化」を念頭に置く必要もあるのかもしれない。

そう考えたのか、電子書籍化しますよーってサービスを始めたのが
栄光だったりするんだがな( ゚д゚)

この一連の話、何かに似てると思わないだろうか?

そう、
「紙媒体は絶対なくならない」とか(これは確かにゼロにはならんと思う)
「本のぬくもりが~手触りが~手軽さが~」
と言う、近年の情報デジタル化に伴う紙媒体支持者の声だ。 m9(゚д゚)

これを置き換えると
「同人誌即売会は絶対なくならない」とか(同じくなくならない)
「同人は交流が~やり取りが~」
という声になるのだが、
もう少し時が経つとバリバリのネット、デジタル世代が台頭してくるわけで
そんな人たちを相手に「オフセットの印刷ですよ~」と言って
100部を3万~5万円で提供しても苦しくなる。

ぶっちゃけ同じ金額出してアクロバット買って
自分でPDFファイル作れたら
余裕で電子出版社になれるからね。( ゚д゚)

そういう状況を踏まえた上で戦略を立てる場合、
オフセットの同人印刷会社は
当然、デジタル的な方向に舵を切らざるを得なくなる。

もしかするとオンライン即売会(似たのはあるが本当の意味で)
と言うのが誕生して、スカイプとかの伝達ツールも駆使して、
ツーショット部屋みたいなのをサークルに割り当てて
サイト上だけで開催されるイベントも出てくるかも知れない。
同人ゲームや音楽メインなら今でも可能なはず。

数年前ならこんな話「ばーかばーか」で一蹴されたが
いずれこういう企画をやる奴が出てくると思う。

携帯でのネット通販市場だって10年前なんて屁みたいなもんだった。
「携帯で買い物とかよくできるなー」って言ってたら1兆円規模になってしまった。
これだけ世間が動いているのだから、いくら動きにくい同人という世界でも
何かしら革命的な動きがあってもおかしくはない( ゚д゚)


その革命が起きた時に同人専門の印刷会社は
どういう形で生き残っていくのだろうか。


関連記事
[ 2011/11/08 11:29 ] オタ系ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマリンド

Author:タマリンド
雑学は仕事、合コンに活きる!
メール、拍手コメントをくれる皆様、
ありがとうございます。

since2007/10/13

リンク集はこちら

月別アーカイブ
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。