FC2ブログ

適当俺コラム&ニュース

個人的に気になったニュース、 オタクや印刷に関する話題について適当に更新。あと日記もな ( ゚Д゚)y-~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

液体トナーって何なんですか? 

ink.gif
最近オンデマンドと言ったら
ソフトオンデマンドかオンデマンド印刷かのどちらかでありまして、
ここでは過去の記事から解るように後者のデジタル印刷機について
よく取り上げております。(゚Д゚)

PODという略し方をされますが
まあ要するにデジタル印刷機による
必要な分だけの小ロット、可変印刷可能な印刷を
総称してるという感じです( ゚Д゚)

そこで最近よく聞くのが
「液体トナー」というやつなんだけども
この液体トナーってのが何のこっちゃかよく解らなかった。

トナーと言えばレーザープリンターという感じで
オフィスのコピー機等の粉状のアレを思い出すと思うんだけども
それが「液体」というわけで
インクジェットとどう違うの?というわけなんですよ。

まあ印刷という事なのでいずれも「顔料」は使われるのだけども
これを粉状にしてあるのが従来のトナー。
液体トナーはその顔料を溶剤に溶かして
液状で使うという仕組み。c⌒っ゚д゚)っφ メモメモ...

この粉と液体の違いは何かと言うと
溶かされた粒の大きさが違うわけです。
粉を細かくしてしまうと、
「吸い込む」→「肺に悪い」→人生\(^o^)/オワタ
となってしまうため、細かくできない。

そこで液体に溶かしてしまえば
人体への吸い込みによる影響はないというわけなんですな。

ではより細かい粒である液体トナーだとどういうメリットがあるのか。
粒子が細かい分、高解像度の表現が得意。
粒子が細かい分、蓄積も粉より少ないため紙の光沢を維持し易い。
同じく蓄積が少ないため割れのリスクが軽減される。

つまりよりリアルに印刷することができ、
後加工で折ったりしても割れにくい、
というメリットがあるわけで
最近のオンデマンド機で「液体トナー」という単語をよく聞くようになったわけです。

で、インクジェットとどう違うの?なんですが
現時点ではよく解りません\(^o^)/
情報をお待ちしております。





関連記事
[ 2012/03/30 15:23 ] 印刷業界ネタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマリンド

Author:タマリンド
雑学は仕事、合コンに活きる!
メール、拍手コメントをくれる皆様、
ありがとうございます。

since2007/10/13

リンク集はこちら

月別アーカイブ
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。